« メラメラ?じわじわ? | トップページ | 紅茶とお湯の話 »

2006/04/02

端っこの美学

体のこと、忙しいとないがしろにしがちです。

適当に体洗って、歯磨いて、、、

それはよくないって分かってても全てに気を配って体のメンテナンスをするのはやっぱりめんどくさい。

そんなときは私の勝手に作ったルールを適用させます。

それが「端っこルール」

末端がしっかりしてれば何事も上手くいくのではないか。例えば国の中心ががんばっても地方の末端がしっかりしてないと世の中は回っていかないでしょ。と、多少強引ではあるけど私は末端の大切さを重視したのであります。

だから、例えば疲れてお風呂で寝そうになって、体を適当に洗ってても、足の指は丁寧に洗う。髪もトリートメントめんどくせーって時はとにかく毛先重点で。

あとは、ちょっと端っことはずれるかもしれないけど、顔は適当に洗っても歯は気合入れて磨きます。おっさんみたいでも糸楊枝まで登場します。

歯は大事です。虫歯も怖いけど歯槽膿漏には特に気をつけます。糸楊枝すると、歯ブラシで歯垢が落としきれてないって実感します。ちなみに、フッ素入りの歯磨き粉を使う場合は多めに歯ブラシにつけて、ゆすぐときは2回程度に抑えることが大事なんだって。ほぉー。(めんどくさくてもとから2,3回しかゆすいでなかったがな^^;)

いかんいかん、話がズレてきた。。。

端っこルールを適用するようになって感じたことは、体の中心に気をくばっているときよりも、より体のいろんなところに目が届くようになったってことです。足の爪にクリーム塗ってただけなのに気づいたら体中のボディケアしてた!みたいなかんじで。

めんどくさがりな私には便利なルールです。

|

« メラメラ?じわじわ? | トップページ | 紅茶とお湯の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21278/1252369

この記事へのトラックバック一覧です: 端っこの美学:

» 美学 [化粧品&心から美しく]
美学美学(びがく)あるいは感性学は、美や芸術あるいは趣味の問題を哲学的に扱う学問である。伝統的美学は、美とは何か(美の本質)、どのようなものが美しいのか(美の基準)、美は何のためにあるのか(美の価値)といった問題に取り組んできた。審美学は旧称。広義の美学は道徳的な美や自然の美を含むが、芸術の哲学とさ...... [続きを読む]

受信: 2006/04/02 21:38

« メラメラ?じわじわ? | トップページ | 紅茶とお湯の話 »