« 誕生日にふと思い出し | トップページ | 合格しました »

2006/06/22

アトムへ

プロフィールの写真に写ってる子猫、

アトムといいます。

ちょうど1年前の今日、家に帰るとこの子がいました。

少し離れた川原に捨てられてたアトムは回りまわって我が家に来ることになりました。

あまりにちっちゃくて、歩くのもやっとだったアトムは1日1日と元気になって、どこにいても私にむかって一生懸命歩いてくるまでになりました。

写真に写ってるアトムは、私がパソコンしてるときに傍にやってきてそのままキーボードの上で寝てしまったところを激写したもの。

猫って気ままでなつかないものなのかなって思ってたけど、アトムは私がいままで出会ったどの動物よりも私になついていました。

 

アトムが家にやってきて2週間がったった朝、目が覚めるとアトムがいませんでした。

いつもは私の上か傍で寝てるのに。

探してみるとベッドの下でうずくまっていました。

気になってしょうがなくて、学校にはいったものの2限だけ受けて家に帰りました。

帰ってみると、アトムはぐったり倒れてかろうじて息をしてるような状況でした。

それでも私の顔を見ると、起き上がろうとします。

たまたま父が家にいたので、病院まで送ってもらおうと呼びに行って戻ると、アトムはもう起き上がる気力もなく、ぐったりとしていました。

 

そのままアトムは車の中で息を引き取りました。

  

 

その日は一日中アトムを抱いて泣きました。

アトムが死んじゃうまえに、アトムに会えたのが、アトムを看取れたのがせめてもの救いです。

もしかしたら、私が帰ってくるのを待っててくれたんじゃないだろうか、今ではそう思います。

たった2週間だけど、アトムがいてくれて本当によかった。

めちゃくちゃ楽しかったよ。

ありがとう。

私が死んだら一緒に遊んでね。

|

« 誕生日にふと思い出し | トップページ | 合格しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21278/2334631

この記事へのトラックバック一覧です: アトムへ:

« 誕生日にふと思い出し | トップページ | 合格しました »