« 変化する | トップページ | 仮免突破 »

2006/08/07

器の大きさを受け入れる

私は基本的にちっちゃなことでくよくよしないタイプだと思っていました。

でも、最近すごくよく落ち込む。しかも長引く。

原因は注意されることが多くなったから。

小中高と、たいした挫折も味わわずに生きてきて、私には怒られた記憶がほとんどありません。だから少し注意されただけでも自分がとてつもなく悪いことをしてしまったみたいに感じます。

この感覚は私だけなんだろうか?

注意されたり、怒られたりすると、自分でもコントロールできないぐらいに感情が不安定になってしまいます。怒られた自分、つまり完璧ではなかった自分が許せなかったり、私を評価しなかった相手を憎んでみたり、、、どうにかして注意されたという事実をなくしたい!と思ってしまう。泥沼です。

なんとも情けない。

ただ、最近は褒められることよりも注意されることのほうが圧倒的に多いので、そういった感情も少しずつですがコントロールできるようになってきました。というか、自分はそんなに何でもかんでもできる人間ではない ということを受け入れられるようになってきた。

自分の器の小ささを知り、それを受け入れるというのは大人になると難しいものですね。

私はもっともっと挫折をして、プライドを一度こなごなにしてから、もう一度ほんもののプライドを少しずつ築いていけたらなと思います。

|

« 変化する | トップページ | 仮免突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21278/2962127

この記事へのトラックバック一覧です: 器の大きさを受け入れる:

« 変化する | トップページ | 仮免突破 »