« 絵本の思い出 | トップページ | ほそぼそ、でも辞めない »

2006/09/24

誰かと縁を切ったことはありますか。

友達、家族・・・

私は基本的に人を嫌いにならないので、縁を切るなんて一生関係ないことだと思っていました。

(この話は、まだ辛いので上手くはかけない、気持ちの断片のような文になるとおもいます。)

 

数年前に、私はある人と縁を切る選択をしました。

嫌いになったわけじゃない、だけど自分を守るために私にはその選択しかできなくなってしまった。

自分の心の限界を超えていて、その人のいない世界、ただそれだけを望んでしまった。

縁を切るっていうのは好きだとか嫌いだとか、そういう次元のものじゃないんだと分かりました。

私は今でもその人のことが気になります。

できれば訪ねて元気かどうか、何か悩んでないか聞きたい。だけどそれはもうできません。その権利を放棄してしまったから。

辛くて辛くてずっとその人に関することから目をそむけていました、でも昨日それをやめようと決めました。

縁を戻すわけではないけど、その人の気持ちと、あの時私にぶつけてきてくれた気持ちとちゃんと向き合おうと思いました。

最後にその人が贈ってくれたたくさんの本、今まで見えないところに閉まっていたけど、これから長い年月をかけて読もうと思います。

 

今でもその人のことを思うと涙がでます。

本当は縁を戻すことのほうが正しい選択なのでしょうか?私には本当にわかりません。人の可能性と限界のなかで私が苦しみぬいて出した答えが離縁だった。

私はこの苦しみを一生持ち続けます。

そしてその人の幸せを祈り続けます。

|

« 絵本の思い出 | トップページ | ほそぼそ、でも辞めない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21278/3554093

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 絵本の思い出 | トップページ | ほそぼそ、でも辞めない »