« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/11/18

報道とプライバシー

ニュースを見るたび思うことがあります。

事件が起こると必ず一緒に流れる映像、顔写真

あれは勝手に放送しているものなのだろうか?

 

容疑者の写真だけでなく被害者の写真も必ずといっていいほど一緒に流されるけど、被害者は悪いことなんてしてなくて、それなのに意図せず全国に顔や家族構成、職業、交際暦・・・そういったことが知れ渡るなんて私なら我慢できません。

事件そのものだけじゃなくて報道によってプライバシーまで侵害されている様子を毎日テレビで見ていて、そこまでしなくていいじゃない?なんのために??と毎回思ってしまいます。

 

私がこういうふうに思うようになったのは、高校時代のある事件がきっかけでした。

私が高校時代に、ある教師が逮捕される事件がありました。容疑自体は学校とは直接関係ないものでした。

しかしマスコミは授業中にもかかわらず学校の敷地内、さらには校舎にまで入って撮影を行いました。

どういう経緯で敷地内に入れたのかは分かりません。仮に学校側が許可していたにしても生徒には何の説明もなく、私はひどくショックを受けました。先生にではなくマスコミに対してです。

そのテレビ局は事件以前からよく私の高校を新聞などで(いい意味で)取り上げていたのでなおさら裏切られたような気持ちになったのをおぼえています。

 

もしかしたら私は気にしすぎなのかもしれません。しかし、事件とは直接関係のない私ですら、自分の領域を侵されたと感じるのだから、被害者やその関係者はもっと傷ついているに違いないと思うのです。

 

マスコミは偉くもなんともないのに公然とプライバシーを侵害していることに気づいているのでしょうか?

行方不明などの場合以外は顔写真や名前を公表することにもっと慎重になってほしい、取材だからといってズカズカ乗り込んでいくのも止めてほしい。

 

こういうふうに思う人間もいることを知って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/17

語学を習得する

ここ一ヶ月ほど忙しくて、常に何かに追われています。

ふと考えてみると、そのほとんどに英語が関係しています。

びっくりです。

 

もともと私は英語が苦手でした。

中高生のときも他の教科に比べていつも評価は低かったし。

でも今英語を避けて生きるほうがしんどいと気づいてなるべく自分から英語と関わるようにしています。

 

今一番おもしろいと思っているのが英語のプレゼンテーションの授業です。

これは成績とは関係なく興味だけで取った授業なのですが、たぶん一番労力を費やしている授業です。

テーマの決定から、話の組み立て、あと興味を持ってもらえる工夫、これらを全部英語でしていかなくてはならないのでとても時間がかかります。

ネイティブや専門家を相手にしているわけではないのでボキャブラリーも限られているし、いろんなことを考えないといけません。

したがって、必然的に英語に接する時間が長くなります。

 

ほかにも英語の本や論文を読んだり、ラジオの英語講座をしてみたり。。。

こうして英語と接していて思いましたが、語学はなんだかんだいって、どれだけ時間を費やすか、どれだけ思考ごと英語漬けにできるかなんじゃないか と思うようになりました。

いろんな英語に何回も何回も触れて、語彙、文法、言い回し、思想、歴史、文化、こういったもの全てを少しずつ繋げていって初めて語学が習得できるんじゃないかと思います。

 

ある本で、語学を習得するには、確か、「英語で4000時間、ドイツ語、フランス語で6000時間かかって、軍の語学学校ではそれだけの時間みっちり語学を叩き込まれる」ということが書いてありました。

英語で4000時間です。単純に24時間で割っても167日です。仮に1日2時間を英語に充てると考えると・・・2000日だから5年半かかります。

これが本当なら、外国語を獲得するっていうのは軽い気持ちじゃできないってことなんですね。

 

そうそう、国際学会から帰ってきた先輩達の話では、中国人や韓国人の学生は英語が上手で、質問もしてくるけど、それに比べて日本人学生は話せない人がかなり多いそうです。

中国も韓国も英語が母国語じゃないのに学生の時点でそれだけ話せるってのは、教育のあり方や彼らの英語への意識が違うからなんでしょうか?

とても不思議です。

日本は母国語も英語も頼りないのにね。。。

 

 

もうすぐTOEICがあって、それ用の勉強をほとんどしてなくて焦っています。未だに胸を張れる点数が取れていないのです。(涙。。。TOEICができたって英語が話せるとはとても思えないんですが、それでもTOEICの点が就活に影響するかもなのであと数日あがいてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/11/10

ここのところの怒涛の忙しさでブログからも離れていました。

やっとひと段落だと思って深く息を吸いこむと、思いのほか空気が冷たくなっていました。

 

今年の秋は駆け足でしたね。

秋に生まれたからなのか、やっぱり秋が好きです。

でも年々秋が感じにくくなってる気もするな。

 

いつも11月になると、秋から冬への移り変わりを楽しむことも無く世間はクリスマスモードに突入するのが残念です。

私はこの季節の変わる様子が大好きなのに。

 

 

 

 

音楽も季節によって感じ方が変わりませんか?

 

私は夏じゃなくて、寒くなっていくなかで聞くサンバやボサノバが結構好き。

特にこのジャンルに詳しいわけじゃないけどむしょうに聞きたくなります。

youtubeで見つけたもの↓

セルジオメンデスの名曲 Mas Que Nada

ポルトガル語ってステキですよね。

 

夏に聞くよりも心の奥にまでじわじわ来るんです。

だけどカラッとしてて気持ちは晴れやか。

 

 

あとはやっぱりジャズ。

 

一年中聞いてるけど、夜中にしっとりしたジャズを聴くと気持ちよく眠れます。

 

そんなステキな時間、最近すごしてないなぁ。

でも慌ただしい中でも音楽があると、気持ちが落ち着きます。

 

大好きな曲です↓

Fly me to the moon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »