« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

学生時代にがんばったこと

エントリーシートにかならずといって良いほど書かされる「学生時代に特にがんばったこと」

私の場合はやっぱり4回生のときの研究生活です

なんたって、辛すぎて泣きながら通ってたぐらいですから(笑

辛かったことっていう話のほうが合ってるかもしれないぐらい。

何が辛かったかっていうと

①まず、頼れる人が誰もいない。学生もいない(途中で逃げ出して私だけになった)

②担当することになった研究テーマに矛盾を感じていた

③私の担当の先生が信頼できなかった

ようするに心のよりどころが何もなかったのです。

研究所に行く前は、最先端の研究所で社会人にまじってすごいことができるに違いない!と意気込んでいた分ギャップに直面して最初の数ヶ月はただひたすら後悔する日々でした。

おまけに、何かすればそのたびに失敗し、怒られ続け、プライドはずたずたにされて・・・ほんとに大学に戻りたいと毎日おもっていました。

でも、怒られ続けるとプライドなんてものは吹っ飛んでしまって、恥かいてなんぼのもんじゃいとなるんですね。自分でもびっくりですが。

で、勇気をだして分からないので教えてくださいというと、これまたびっくりするほど根気よく先生も教えてくれるんです。

その繰り返しでだんだん先生との信頼関係を築けるようになってきて、自分からもコレを調べてみたいんですがどうすればいいですか?とか質問できたり、研究内容に関しても議論できるようになってきて、自分が主体的に取り組めるように変化していきました。

先生以外のほかの職員の方ともすれ違ったら挨拶したり、自分から話しかけるようにするうちに、世間話もできるような仲になれて装置の使い方のアドバイスをし合ったり、研究仲間のはしくれぐらいにはなれたような気がします。

卒論の時には先生方も私に付き合って遅くまで残ってくれて、今思うと迷惑かけまくったなぁと思います。あ、でもお金もらってもイイのでは?と思いたくなるぐらいに実験もしまくりました。絶対に同期のなかでだんとつの研究量やし!!

研究内容も自分の勉強にはなったけど、テーマとしては意味があまりないような気がしてたんですが、その翌年の私の後輩が担当しているテーマのもとになるデータをたくさん作ったんやなということが分かって、意味があったんだと気付けました。

私が入った年は大きなプロジェクトが始まった時で、皆手探りの状況だったんですね。だから先生のことも頼りなく見えたのかもしれない。

 

1年の研究生活は本当に辛いことの連続やったけど、得るものが本当に大きかった。そしてあんなに辛かった日々を自分で変えれたことでものすごい自信がつきました。

それまで生きてて通うのが嫌だと思ったことってなくて、毎日ウキウキしながら生きてきたから、この試練(他人から見たらどうってことないかもしれないけど)を乗り越えれた自分を素直にすごい!って思います。

この経験があったから、恥をかくことと勇気を出すことへの抵抗がなくなって、その後の大学院生活でずいぶんいろんなことにも挑戦できました。

あの1年を頑張った自分にありがとうと心から思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/29

何のために働くのか

何のために働くのか

という本を読みました。

説明会で人事の方がチラっと見せてくれたので読んでみたけれど、読んでみて心が整理されたような、すっきりとした気持ちになりました。

何のために働くのか

本では天のため とか 公のため といったことを言われています。

私なりに解釈すると、それは、自分の意思というよりも、何かもっと大きな力に突き動かされて働くのだ というように感じました。

○○になりたい じゃなくて、自分は○○をする運命なんだ それ以外だと何か違和感がある そういう感じです。

 

私はこれを読みながら、自分の役割は世の中の絡まった糸をほどくことなんじゃないかと勝手に信じ込みました。

なんでかっていうと、物事でもなんでも絡まった状態にイライラしてしまうから。目の前にそういう状態があると、解決することしか考えられなくなるからです。

今までも、自分から何か取り組んだこと、率先してやったことっていうのは、絡まった状態を直す場合が多くて、その答えにたどり着いた時すごくすっきりしました。

ただし、この答えにたどり着いたからって職種が決まるわけではないので、就活での迷いは残るのだけど・・・

でも、どの仕事に就いても、この考えに至ったことを忘れずにいればいいや と思うようになりました。

 

 

ところで、実際の就活はどうなってるかというと・・だいぶ疲れてます(笑・・・

順調なんやけど、企業とというよりも自分と向き合うのが大変です。

今日は風邪もあいまって完全に頭がフリーズしてました。

でも、確実に自分にとっては毎日ちょびっとずつ成長しているようには感じます。

 

今まで、本当に私は自分のことばっかり考えていたみたいです。

他人の立場に立ってものを考えるってことを大事にはしてきたつもりだけど、

社会というスケールで自分を考えたことは全くありませんでした。

大きなスケールで考えると、小さな不安はなくなって、覚悟のようなものが出てきます。

なんなんやろう、この感じ。

でもやっぱり不安は不安なんやけど。

それは実際に前に進みながら確かめていくしかないんだろうな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

どんづまった

はたらくことについて考えすぎて頭がぐるぐるぐるぐるしています。

自分が何をしたいのかわからなくなってきました。

私はただ、みんなで毎日小さな幸せを作ってそれを愛でていたいだけ。

大きなことをしたいとか名を上げたいとかそういうのはないのに。。。

迷走してる

 

 

今日、ふと立ち寄った喫茶店

どこにでもあるような喫茶店

カウンターでおばちゃんが笑顔で迎えてくれました

その向かいには小さな女の子とおばあちゃん

ものすごくのどかな風景

気さくに話しかけてくれるおばちゃん

面接がんばってね と励ましてくれた

珈琲おいしかった

 

 

あぁ、私はこういう風景が溢れる街が大好きなんだなって

改めて思った

 

 

このさき自分を見つめていて

何か芯のようなものが見つかるんだろうか

何かがある気がするのだけど

せざるを得ない何か

これをするために生かされている みたいなの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

紅茶TPO 私の場合

お菓子をお菓子だけで食べる、それはそれでおいしい。

でも断然紅茶と飲むことをおススメしたいです。

なぜなら、どっちもめちゃくちゃ美味しくなるから。

そのときは絶対ストレートティーがいいです。

ダージリンやアールグレイが好きです。

ダージリンは少し渋みがあってお菓子の甘さとすごく合います。

アールグレイは柑橘系の匂いが甘いのと合わさっていいのです。

逆に

お菓子がない時にはミルクティーを飲むのが好きです。

こくがあって、なおかつ甘くて。

それだけで満たされます。

 

別に甘いのが飲みたいわけじゃなく、でも紅茶が欲しいときは

最近はニルギリを飲みます。

あとはムジカのモーニングブリーズというブレンドティー。

へんな癖がなくてすっと飲めるけどおいしいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

うれしはずかし他己分析

普段なら恥ずかしくて聞けないけど

就活という名の傘をかぶってなら聞けちゃう

私ってどんな人?いいトコは?悪いトコは?

 

意外な発見があって、ものすごくためになります。

今日は

いろんなことに興味を持つ

興味を持ったらとことんやる

物怖じしない

負けず嫌い

じっくりモノを考える(そのぶん行動が遅い)

今足りないことは何なのかを考えて行動する

などなど

悪い点としては よく寝てる 

こんな意見をもらえました。良いのか悪いのか判断しかねる意見です。

そんなふうに見られてるとは・・・

自分としては直したほうがいい所というのが一番気になるのだけど、そこはなかなか聞けないです。聞いても相手が困ってしまう。無理して聞き出すのも悪いしなぁ。それだけパッと思いつく悪いところがないってことかなww

だいぶ前に妹に、人の話を受け入れる前に否定する と言われたのはショックだったけど、それ以来話を聞く姿勢を変えることが出来た という経験があったから、人に何かを指摘してもらえるのは財産だなぁとつくづく思います。

 

なんにせよ、人に自分のことを客観的に語ってもらえるのは自分にとっても嬉しいことなので、今後もしばらくいろんな人に聞いてみようと思います。

おせっかいかもしれないけど、人にもこんなところがイイよねとか、もっとこうすればいいと思うってことも言っていきたいなぁ。余計なお世話かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしはずかし他己分析

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

谷の日

毎月おとずれる谷の日

確実に精神的に落ちる

女の宿命なんだけど、なんで男にはないんじゃ!と叫びたい

昔はなんともなかったのに、だんだん痛みが出てきて、最近は精神的にくるようになった。

私の場合は八つ当たりとかそういうイライラじゃなくて、ものすごく鬱っぽくなる。

それが生理のせいなんだと分かってからはかなり落ち着いて対応できるようにはなったのだけど、やっぱり怖い。

だって毎月確実に鬱になるんだもの。怖いです。

そして、さっきまで鬱でした。

生理になるって忘れてたから、マイナス思考スパイラルに陥ってたけど、生理になって、あっそうかそうだったのねと ほっとしました。

なので今は落ち着いてます。

げんきんなもんです。

社会に出て、この状況と上手くやっていけるのかがものすごく不安。

だって生理なんだもんってのは通用しないよね。。。

 

でも少しずつ、上手く付き合えるようにはなってきたから

1年後にはもっと上手く付き合えるようになってるはず!

自分の体は自分が一番よき理解者だもんね。

一緒にがんばろうね、私の体。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

エピソードバンク

エピソードバンクなるものを発見

就活にかかせないのが、過去の体験、エピソード

何を言うにも具体例を求められんやから、エピソードは必要不可欠

そう、

そうなんやけど

具体的に話すのが私めちゃんこ苦手なのです

体験したことは、

おもしろかった、おもしろくなかった

の二つに分けられて記憶ボックスで眠っているだけ

 

そうか・・・だから進歩ないんか (TωT。)

なのでエピソードバンクの存在を発見した瞬間心躍りました。

これで魔法のように私の中からエピソードが沸いて出るに違いない!

 

まぁ、世の中そんな甘いわけないよね。

簡単な性格診断をして、自分の突出した特徴を知り、その特徴を人生のいろんな場面(仕事、学業、バイト、サークルなど)と絡めてエピソードを書いてみようという

まぁ、あたりまえといっちゃあたりまえなサイトでした。

でも、書いてみるきっかけとしては大いにアリやと思います。

他の人のエピソードも見れるみたいなのでそういう見方もあるのか!という参考にもなりそうです。

 

エピソードバンクはこちら↓(会員制です)

https://epi.i-company.net/epibank/service?_T=Episode01

 

なんだかエピソードバンクのまわしものみたいだな(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己分析シリーズ 未来編

今日エントリーシート書いてて、かなりマイッタ

書きながら、私こんな人やったっけ?ってどんどん自信なくなってくる

あかんなぁ 自己分析からやり直しだな。

ということでとあるサイトから拝借したお題で自己分析しなおし。 過去ばっかり眺めてて疲れたので未来編です。

・理想とする人は誰ですか、それはなぜですか?

○○さん

理由:常に自分の意志を持って頑張っている。なのに周りの人のこともちゃんと見ている。こちらに気を使わせない優しさをくれる。 

 

・仕事を通じてあなたが実現したいことは何ですか?

モノを通じて人を幸せにする。人の持つ力をもっともっと発揮できるような何かを作りたい。そしてモノを見た人におぉぉやるなぁ!と思ってもらいたい。

 

 ・あなたは何のために働くのですか?

自分一人ではできない素晴らしいモノを作るため。

 

 ・あなたにとって働くことは、どういう意味を持っていますか?

実現したいことをする手段。+お金を稼ぐ手段

 

・あなたにとって就職とは、どんなことですか?

甘えをとことん排除して自分の意志で決めて突き進む。プロ根性で。

 

・あなたはどのように働きたいのですか?

仲間と支えあい、切磋琢磨しながらチームで個人の持つ以上の力を発揮しながら働きたい。

 

・学生と社会人の違いについて、どう考えますか?

甘えが許させるか許されないか

 

・社会人になるということは、どういうことですか?

甘えを捨てる。周りを見る。

 

・5年後、10年後 あなたはどのように働いていますか?

5年後:ある分野に関してはシオに任せても大丈夫だろうという立場になっている。知識を吸収する立場から発案する立場に変わっていたいな。

10年後:別の部署も経験して社内のことが広い目で見れるようになる。後輩のフォローもできるようになっていたいなぁ。

・仕事において何が大事だと思いますか?

体力!

あとは、プロ根性

 

 

だんだん○○バトンのような気分になってきた(笑)

明日にはたぶん別の意見に変わっているんやろな。

最近昔のことばっ働いている人から見たらふざけた意見ばっかりに見えるのかな。

最近今までのことばっかり考えてたけど、未来のこと考えるのって楽しい!

そして、理由はないけど自身がわいてきた。

自分の意見を持つこと、それを人に伝えること

もっともっと力をつけなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »