« どんづまった | トップページ | 学生時代にがんばったこと »

2008/03/29

何のために働くのか

何のために働くのか

という本を読みました。

説明会で人事の方がチラっと見せてくれたので読んでみたけれど、読んでみて心が整理されたような、すっきりとした気持ちになりました。

何のために働くのか

本では天のため とか 公のため といったことを言われています。

私なりに解釈すると、それは、自分の意思というよりも、何かもっと大きな力に突き動かされて働くのだ というように感じました。

○○になりたい じゃなくて、自分は○○をする運命なんだ それ以外だと何か違和感がある そういう感じです。

 

私はこれを読みながら、自分の役割は世の中の絡まった糸をほどくことなんじゃないかと勝手に信じ込みました。

なんでかっていうと、物事でもなんでも絡まった状態にイライラしてしまうから。目の前にそういう状態があると、解決することしか考えられなくなるからです。

今までも、自分から何か取り組んだこと、率先してやったことっていうのは、絡まった状態を直す場合が多くて、その答えにたどり着いた時すごくすっきりしました。

ただし、この答えにたどり着いたからって職種が決まるわけではないので、就活での迷いは残るのだけど・・・

でも、どの仕事に就いても、この考えに至ったことを忘れずにいればいいや と思うようになりました。

 

 

ところで、実際の就活はどうなってるかというと・・だいぶ疲れてます(笑・・・

順調なんやけど、企業とというよりも自分と向き合うのが大変です。

今日は風邪もあいまって完全に頭がフリーズしてました。

でも、確実に自分にとっては毎日ちょびっとずつ成長しているようには感じます。

 

今まで、本当に私は自分のことばっかり考えていたみたいです。

他人の立場に立ってものを考えるってことを大事にはしてきたつもりだけど、

社会というスケールで自分を考えたことは全くありませんでした。

大きなスケールで考えると、小さな不安はなくなって、覚悟のようなものが出てきます。

なんなんやろう、この感じ。

でもやっぱり不安は不安なんやけど。

それは実際に前に進みながら確かめていくしかないんだろうな。

 

|

« どんづまった | トップページ | 学生時代にがんばったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21278/11921654

この記事へのトラックバック一覧です: 何のために働くのか:

« どんづまった | トップページ | 学生時代にがんばったこと »