« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/08/16

et vous(エ・ヴー)の靴

お盆休み中に帰省したついでに靴を買いましたw

エ・ヴーというメーカーの靴です。

Et_vous 黒のベロア素材で内側がヒョウ柄っぽいドットです。

形がすっごくきれいなんです。

オン、オフ両方履けそうだw

 

これ以外の靴もどれも形がキレイで、でもカッチリしすぎてなく遊び心があって気に入りました。

でも、このエ・ヴーの靴ってネットで探してみたけどどこで売ってるのかさっぱり分かりません。フランスのメーカーらしいんだけど。。。

愛知でも展開してないなかなぁ・・・。

ちなみに、今回は近鉄百貨店で購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/09

工場見学では分からないものづくりの現場~工場で働くということ①~

今私たちが手にしているパソコン、テレビ、車、携帯電話・・・。どのような過程をたどって作られているか、考えたことはありますか?

私はこれまで、そういった製品の原理や仕組みには興味があったけど、製造現場について深く考えたことはありませんでした。

今、私は実習と称した工場応援のため工場に出向しています。

ものづくりの現場は私の想像をはるかにこえる厳しいものでした。

 

私の配属された工場は比較的仕事はきつくなく、環境は整っていると聞いていました。

にもかかわらず酷い騒音と汗が止まらないほどの気温の中の作業。

作業は一瞬も気を抜けないほどの速さと正確さが求められ、休憩時間以外は立ちっぱなし、トイレにも行けません。もちろん水も飲めません。

家に戻ると、足はパンパンにむくむし、腕は筋肉痛。

正直最初の一週間はいつ自分が倒れるだろうかと冷や冷やしっぱなしでした。

工場の人たちが優しくしてくれるのがせめてもの救いだー。

休み明けからは夜勤や残業も始まるみたいで、さらに厳しくなりそうです。

どんな軽作業も、1000回以上続けてると体がぼろぼろになるってことも初めて知りました。

こんな過酷な作業を、何年も続けている働いている方々を本気で尊敬します。

 

私が配属された工場は、大手なのできっと特別厳しいわけではなくて、むしろもっと厳しい環境の工場のほうが多いのかもしれません。

厳しい条件の労働は昔、あるいは外国の話だと思っていました。なのにこんなに身近な工場ですらここまで大変なんだと分かってとてもショックでした。

そんな苦労が積み重なって製品はできていると思うとのんきに製品の安さに喜んでいいものか考えてしまいます。

 

とにかくこれから実習終わるまでに倒れないように祈ろう!

たくましい人間に生まれ変わってたり・・・しないかcoldsweats01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/02

i say yes

風に舞いあがるビニールシートというドラマが終わってしまいました。

すべてを見ていたわけではないけど、一話ごとにあんなに心に響くドラマに久しぶりに出会いました。

そして、このドラマをより一層ひきたてていたのがエンディングに流れる「I say, yes

本当にいい曲です。

ドラマのストーリーをすべて受け止めているような、そんな歌詞と曲、そして布施明さんの声。

エンドロールを見ていると、なんと菅野よう子さんでした。納得。

CD化の予定はないそうなのです。めちゃくちゃ残念。こんな素敵な曲なのに。

せめてドラマがDVD化してほしいです。

就職して、現実にめげそうになったときに、熱い思いを持ってたことを思い出させてくれたドラマです。

本が原作になっているらしいので、次はそれを読もうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »