« 2010年8月 | トップページ

2011/06/03

政治に望むこと

私の家にはテレビがない。

新聞も取っていない。

なので政治には疎い。

政治に興味がないわけではないけども

ニュースで報じられる政治家の話には興味はない。

 

今日はどうやら首相の不信任がどうので盛り上がっていたようだけどいまさら頭が誰に代わろう大して日本が変わる気がしない。

それなのにものすごい労力をかけて頭のすげ替えをしているのはいろいろと無駄遣いだなぁなんて思う。

人は誰かに期待したい生き物なのかな。これだけ何回も裏切られているのに。いや、裏切るつもりで首相になる人なんていない。つまり、今の日本では首相が一人腕力をふるい続けれるような地盤も何もないんだと思う。だから誰がなっても同じ。

くさい言い方になるけど、一人ひとりが国を支える覚悟を持って、首相を助ける。的確な指示が出せるよう動かないといけないのだと思う。

人のせいにしない。首相があほな判断してしまったのは自分の力不足だと思うぐらいでもいい気がする。

社会人になって思ったのは、会社のためにみんながんばってがんばって必死で働いてるのに、それでも周りの環境やいろんな要因で、崩れそうになりながら持ちこたえてるってこと。もちろんもっと上手くやれる方法もあるのだろうけど、私が言いたいのは、今の時代、協力しあう中でも生き残るのは大変なのに、足の引っ張り合いなんてしてる余裕ないということ。

おっきな目でみて、今優先すべきことは何か見極めて、それを解決するために全員で協力する。そういうシンプルな構造になればなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ